『おとうさんといっしょ。』では書けないことをいろいろと。


by totoex
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:カモナマイハウス( 32 )

PC

奥様、ご家庭のパソコンってどうですか?
どうですかってどうでしょう。

昨今では場所とらないようにノートブック派が主流?

ウチは結婚した年に購入した、というか組み上げた自作タワーです。
筐体は星野金属工業社製。正面がナナメになってるアルミ筐体。

当時、メーカー品のパソコンってデザイン的にいまひとつだったし
リンゴ社に乗り換える勇気もなかったし。

そんならいっちょ作ったろかい!
というイキオイで組んでみました。

Pentium4, RDRAM512MBという、今ではさぶい
でも当時は相当なハイスペックを格安で組みました。

しかし6年以上たってもいたって現役ってことは
まぁよかったということで。

何より、気に入ってるし、愛着あるし。
いざとなったらボード、CPU、メモリごそっと換えて
また使える。うーん。エコロジー。

タワー型なんで、置き場所に困る。
机の上にはおけないし
直接床ってのもなぁ、と思っていたところ
サイズをいろいろ変えて作ってくれる家具屋さんサイトを発見。
作ってもらいました。
素材は厚めのチーク合板。
さすがに無垢でってわけにはいきませんわな。ははは。
キャスターもつけてもらってとってもベンリ。
よかったよかった。

b0057666_21532977.jpg

[PR]
by totoex | 2007-10-11 21:56 | カモナマイハウス

照明について

今回の棲家づくりで、意外に(?)難しいと思ったのが

『照明』

これがねぇ・・・・。
正直、ナメてました。ほんと。

ネットでよさげな雰囲気のものを選べばそれでええやん、くらいに
思っていて、実際そうしたんですが。

なんとも難しい。

思っていたイメージどおりにならない。
雑誌とか、モデルルームとかのようにはいかない。

もともと、ヨメはとにかく明るいのがいい。
ワタシは間接照明で組み立てたい。

そこですでにかみ合ってないんですが。

で、まぁ、リビングはともかく
それぞれ自分の部屋は好きにしようってなことで

ワタシの書斎(書斎デスヨ。書斎!)は
シーリングライトもペンダントライトもなし。

フロアライトとはりねずみくんだけです。

まぁ、こんなもんかなぁ、とも思うですがイマイチ・・・。
でもどうダメなのかもよくわからないという
体たらく。

ちゃんと勉強せなアカン、つうことですかな。
照明の専門家とか、すごい。といまさらながらに
思うわけです。

b0057666_1302410.jpg


写真ははりねずみくん。テレンス・コンラン卿の店で見つけて購入。
自分で組み立てるんです。けっこうめんどい。
[PR]
by totoex | 2007-10-09 01:32 | カモナマイハウス

ぼくらのいえ。



いくらそばにいても、一緒に暮らしていても
家族がそれぞれ思っていることは別々なのだ。



土地柄だったり、通勤の利便性だったり、
実家との関わりだったり、子供の学校のことだったり。
趣味だったり、センスだったり。

図らずも、今回の棲家さがしは
毎日の生活に埋もれて真剣に語ることの少ない
そんなもの全てについて、どうありたいと思っているのかを
確かめあう機会となった。

そんないろんな思いの違いを、
折れながら、ぶつかりながら
怒りながら、許しながら、
それでも一緒にいることを当たり前のことにするために。

僕のわがままをたくさん実現させておいて、いまさらだけど。
でも大切なものはあなたの、きみの笑顔だと思ってる。

それこそがきっと僕らの還るべきいえなんだろう。



さて。棲家さがしの話はいったんこれで打ち止め。

また照明やら家具やらのことを書くかもしれませんが
なにぶんこれからのことなので、どうなることやら。
[PR]
by totoex | 2007-05-02 11:55 | カモナマイハウス

引っ越せません。



『ねぇ・・・。いつぐらいに越すの?』

ヨメが不安げに聞いてくる。

『もうローンの本審査も終わってるし、こっちがいつって決めればその日。来週とかでも。』


ヨメは近所の歯医者に通っている。
終わるまで変えたくないらしい。

それに自動車の教習所にも通っている。
本来、引越しまでに卒業予定だったのだが、まだ第1段階。

ゴールデンウィークの間に移る予定だったんだけどな。

歯医者と教習所が終わるまで

・・・引っ越せません。
[PR]
by totoex | 2007-05-01 11:41 | カモナマイハウス

修正。


結局、照明スイッチ移動の件は職人さんのミスと判明。
壁紙もやりなおしでキレーに修復されたムスコの部屋。

サービス?なのか、ヨメの部屋のスイッチもめくら板でなく、
キッチリ元あった場所もわからないようになっている。

うーむ。結果オーライか。

結局指摘事項は30箇所くらい。

ほとんどが壁紙のよごれ、キズですな。

ヨメの猛禽チェックは収納内部まで逃さずキッチリと行なわれた。
これで見逃したもんがあったら、そりゃあきらめもつこうってなもんで。

いよいよ準備も整ってまいりました。
引越しだぜ!
[PR]
by totoex | 2007-05-01 00:56 | カモナマイハウス

ミステイク。


なんだなんだ。どうした。

ムスコの部屋になるであろう部屋でチェックしていたヨメが。
あんぐりと口をあけている。

『スイッチが・・・。』

実はヨメの部屋には現在も婚礼家具が大きな場所をとっている。
これを当然新マンションのヨメの部屋に置くように考えたのだが
ヨメの部屋(になる予定の部屋)の2面が窓になっており、
置き場所は限定されていた。

そのうちのひとつが、ちょうど照明スイッチをふさぐ形になるため
20センチほど、スイッチを上にずらしてもらうように頼んでいたのだ。

しかしそれは行なわれず、変わりにムスコの部屋のスイッチが移動されていた。

元の位置は完全にタンスで隠れるはずだったため、
『めくら板つけとってもらったらいっすよ。』と言っていた。
なるほど元の位置にはめくら板。その上20センチの位置に照明スイッチ。

『はーちゃん、こっちでも届くよ~。』背伸び&ジャンプで
照明スイッチをカチカチと切り替えるムスコの姿がまた哀愁をさそうのであった。
[PR]
by totoex | 2007-05-01 00:55 | カモナマイハウス

工事後の検査


さて、工事完了との知らせを受けて、家族3人
『できた~。見にいこ~!』
と意気揚々、というわけにもいかず、
ヨメはまだ『床さえ元どおりなら・・・』とボヤキつづけている。

モデルルーム事務所で販売担当鈴木さん(仮名)から
『キズやその他をチェックしてください。』
と間取り図と空欄の表を渡される。

こういう時、ヨメの目は獲物を狙う猛禽類のようだ。
ちいさなキズもみのがさない。

てか、そういう目でみると、けっこうキズとかいろいろあるもんです。
これって工事前からあったはずだよなぁ。と思いつつ、チェックを続ける。

貼ったばかりのフローリングにも数箇所のキズ。
どうせキズつくしなぁ、と思いつつも、まあ最初からっつーのもなんだし
とりあえず書き込んでおく。

備え付けのミズヤが増えている。
ま、これはあったらあったでいいね。

と、ミズヤのドア上部に何かついてる。

なんだろ。

ムスコを肩車して確認させると
『かたいのがついとー。とれんよ~。』

どうやら固まったパテのようだ。
なんでこんなとこについてんのよ。

『ぎゃあああああああ!』

そのとき、突然、叫び声ががらんどうの室内に響き渡った。
[PR]
by totoex | 2007-04-30 09:50 | カモナマイハウス

サンプルはサンプル。



工事中の週末。
どうなっているのか?気になって仕方ない。
それに工事中の写真もとっておきたいしなぁ。

と思い、マンション販売担当鈴木さん(仮名)に電話してみる。

『今日も作業しておるはずですが・・・。
 工事終わるまで立ち入り禁止なんですが、まぁちょっと言ってもらえば
 玄関あたりからのぞくくらいはいいと思いますよ。』

とのこと。

ほう。そういうものか。

ヨメはまだ出れないというので
とりあえずひとりでのぞきに行ってみる。

リビングのフローリング、洗面室のタイルなど既に作業も8割がた終わっているカンジ。

フローリングがサンプルより少し色が濃い。
つかチークだしそりゃ色ムラはあるわな。
少し余分にとって濃いのははじくべきだったか・・。

とは感じていたが、まぁ上々。

さてその日の昼、
ワタシが仕事に行っている間のこと。

ヨメがお義母さんと一緒にお茶の差し入れがてら
現場に行ったそうで。

ヨメ愕然。

元のフローリングはかなり明るめだった。
ちなみにこんなの。
b0057666_22382113.jpg


このしらじらしいテカリ感が気にくわない、と思っていたのだが
ヨメ的にはとてもスバラシかったようで。

現場でうな垂れたヨメはお義母さんに
『元のほうがよかった・・・・。』

お義母さんは落ち込む娘に
『好きになるしかないよ・・。』

これを現場の職人さんたちが耳にしたらしく
ヨメに対して
『すごいですねぇ。』
『やっぱり本物はちがいますよねぇ。』
とかわるがわる声をかけてきたとのこと。

かなりの落ち込みようでした。
ええ。

ワタシ的にはかなり満足なワケですがそういう顔もできずに
『すまんのぅ。』
『こらえてつかぁさい。』
と神妙に詫びを入れつつ、うれしさをこらえるのが大変でしたとも。ええ。

しかし。いつかきっとヨメもわかってくれるであろう。

この本物だけがもつ圧倒的な質感。
b0057666_22494078.jpg

時間経過とともにどんどん雰囲気がでてくるのが本物(のはず)なのだ。
傷でもなんでもついちゃえ!へへん。
それが味わいになるんだよーだ。

これに対して合板などは新品時がピーク。
あとは落ちていくばかり。

だからコーティングだなんだと保護してやる必要があるんだろ?
ふ。せつないぜ。

てなことはおくびにもださず、ただただ悲しげな顔を保つ悪代官なのであった。
[PR]
by totoex | 2007-04-26 22:42 | カモナマイハウス

横浜チーク


人間が家庭内で生活する上で必ず接している部分。
それが床。

これにこだわることはとりもなおさず、人生にこだわることである。

合板の妙なピカピカ感、ヌメヌメ感にどこか嘘っぽいものを感じるのは
自分自身の人生を生きていないような、そんな感覚に似ているのだ。

ここに本物をもちこまずしてなんとする!

しかしながら。
本物の無垢材を用いたとたん、
反りやヤセなどとの闘いが始まる。

特に湿気と乾燥を繰り返す日本の気候風土は
無垢材フローリングにとっては過酷な環境だといえる。
つろうござんす。(泣)

そうなるとですよ。
こりゃもう伸縮率の少ないものを使うべきであろう。
てなわけでチーク。
固めの外材で、船の甲板などにも用いられていたらしい。

外材か。お、横浜から荷揚げしたら?

そう。横浜チーク。

意味が分からないあなたとあなたとあなたとあなた。
定時後、ミーティング。

あとは巾木の下に見えないスキマを設けたり、緩めに
貼っておいて突き上げだけはないようにしたりという防御策を
とることになる。

こんな苦労をしても、それでもやっぱり
本当のフローリングに触れていたいの。

てなわけで、マンション販売担当鈴木(仮名)が提示した
無垢材フローリングサンプルから迷わずチークをチョイス。

この迷いなき選択が後におそろしい結果をもたらすことを
この時のワタシはまだ知る由もなかった・・・・。
[PR]
by totoex | 2007-04-26 08:33 | カモナマイハウス

改装開始。


1.合板フローリング部分67平米を全て撤去後、無垢チーク材に変更。
2.フローリング変更に伴う巾木変更。

とりあえずということだったのでこれで見積もりをとっていた。

しかし、どうしても我慢できない部分がもう少し。

ひとつめ。

洗面室の床。
ビニールのぶわぶわしたヤツで、色は薄いブルーだった。
なんでこうなるんスか?
というくらい泣ける仕上がり。
b0057666_10342794.jpg


マンション販売担当鈴木さん(仮名)に
『洗面室の床のビニールを・・・』って言ったら
『クッションフロアでございます。』と言いなおされた。(泣)

が。

ビニールはビニールなんじゃっっ!!

これをテラコッタ風タイルに変更。

b0057666_10363038.jpg

300mm×300mm 一枚90円なり~。
コロスケなり~。

安くても、いいものってあります。

高くていいものはそれなりにいろいろとある。
安くて悪いものも世の中にあふれている。

値段とモノの価値とか品質というのは基本的に比例関係にあるんだけど、
どっかにそうでないものも混じっている。

それを見つけていくのはなんだか子供のころやった、宝探しに似ている。

幸い、今はWebが普及していて、そんな情報も見つけやすい。
その点に関しては素敵な時代だと思う。


それからトイレの壁をただのビニールクロスからタイルに変更。
これも一枚160円、1平米4000円で8平米32,000円なりー。
安いなりー。でもかっちょいー。

さらにトイレ内の洗面ボウルとペーパーホルダー、タオルバーが
一体化した、『いかにも』なモノ(なんと呼べばよいのか分からん。)
を撤去。
b0057666_1049970.jpg



で、洗面ボウル、水栓は大洋金物(株)のものを。
さらにイタリアーノなペーパーホルダー、タオルホルダーと組み合わせる。
b0057666_1050378.jpg


ホントは全て大洋金物(株)でシンプルにまとめようとしたのだが
ヨメの『私だって選びたい。』というナゾの言葉により
全てヨメセレクションとなったのであった。


以上、ホントにたいしたことはしていない。
(そうでもないか・・・。)
しかしなんとか納得いくのではないかろうか。
という希望に燃えるワタシであった。
[PR]
by totoex | 2007-04-25 10:16 | カモナマイハウス