『おとうさんといっしょ。』では書けないことをいろいろと。


by totoex
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

連続投稿。
いや、ひさびさですなぁ。

ムスコですが、ここだけのハナシ、こないだまで
補助輪つきでした。

練習しようと言ってもこわがるしいやがるしでなかなか。

もっと小さい子がばんばん自転車を乗り回しているのを
横目にカラカラカラカラ補助輪付きで走っておったわけですが。

先日、やっと乗れるようになってきました。

そうなったらもう、なんかブランニュー自転車ですよ。
クイーンの名曲が脳内に炸裂してですよ。

なんだかステキなヤツを買ってあげたくって。
やっぱオトコにとって車は特別な意味を持つものなんデスヨ。

女性には理解できないおバカな部分ですが、
オバカだと分かったうえで、なお捨てられないロマンがあるわけデスヨ。

これを合理的かつ論理的に淘汰してしまうことは
人生における喜びとか潤いとかそういったものを
排除して生きるという、修行僧のような生活を目指す、
ということになってしまうわけで、そりゃないよね、
そうだよね、ということで。

ナイスな自転車を探してみたところ
こんなの

ムスコは『あおがいい~』
とのたまっておりました。
おお!ジオスブルー。
ぴったりやん。

変速機なんか使えんやろうし、もったいないとは思うんだけんども
いいなぁ。コレ。

どうなることやら。
[PR]
by totoex | 2008-07-31 19:52 | 育児な日々

レディオ体操

それは先日の月曜日のことでした。
かなり早めに会社に行こうと、ドアを開けたところ、
なつかしいメロディが耳をかすめました。

はっっ!!
ラジオ体操?!
そういや、ムスコは小学生。夏休みだし。
え?28日?
ずっとやってたんだ。ラジオ体操。
コドモいっぱいいるじゃん。あーあ。

ヨメに聞いてみたのですが
『別に自由参加じゃないの~?いきたくないならいいやん。朝早いし。』

なななななんということを。

あんた、ムスコを夏休みラジオ体操の思い出のない子にする気デスカマジデスカ?

『それなら連れてってあげてね。よろぴく。』

いやね。もう小学生なんだし、ひとりでいけるだろ?ねぇ?

『はーちゃんひとりやったらいかん。』

おい・・・・。

しかたなく、一緒にラジオ体操です。

しかしアレですね。
ワレワレの時代では6時半開始やったですよね。
今、7時開始ですよ。
しかもたぶん録音デスヨ。
これじゃMD体操?iPod体操?MP3体操?モセ体操?

なんだかちょっと切ないすなぁ。

ところでスタンプカードを見ると、土日も押印欄があるんですが
土日って休みじゃなかったでしたっけ。

どうだったかなぁ。なにせ昭和だからなぁ。
思い出せません。
[PR]
by totoex | 2008-07-31 18:35 | 育児な日々

心配すればきりがない。

ムスコが小学校にあがりました。
ってこれ、こないだも書いたね。ははは。

で、先日、ヨメとムスコのふたりで苦悶もとい公文の見学に行きました。

そこでいくつかテストを受けたようなのですが、センセーに
『すこし”さしすせそ”の発音ができていませんね。』と言われたようで。

そういえば少し『しゃししゅしぇしょ』になってるような気もしなくはないですが。
まぁ、かわいらしいし、そのうち直るだろうし、と思っていたトコロ。

『学校でも、先生に、”しぇんしぇー!”って言ってみんな爆笑だったって。
 本人はすごくうれしそうに言ってたんだけど・・・。』
とても不安げな様子のヨメ。

うーん。そんなにひどいわけでもないし、心配してたらきりがないような気がしますが。

ぐぐってみたら、なんか軽い練習とかしてみたらいいみたい。
さっそく今日からやってみましょうか。
舌の上に指をのせて、あいうえお、ちがったさしすせそ。

むかし、マンガ『つる姫じゃ~』で、
口の両端に人指指をひっかけてひっぱった状態で、『学級文庫』と言ってみる、
というのがあったことを思い出しました。

ぜひ、やってみてください。

心配ごとその2。

先日、授業参観で、(国語の授業だったようですが、)教材のお話について
『XXはどう思ったのでしょう?』とか
『このお話を読んでどう思いましたか?』
という正解があるわけではないような質問があった際に
ムスコの手がとまっていたそうで。

ヨメいわく、
『他の子はいろいろ書いて、先生にあてられてもどんどん答えてたのに、
 はーちゃんだけ固まっててなんだか、悲しくなってきた。』

うーん。平日だったんでいけなかったんだけど。

これは、自分もそうだったからなんとなくわかるような気がします。
なんかね。
どうゆう答えを先生というかオトナは求めてるんだろう、
ってそういうヘンなことを考えてしまうんだよねぇ。

『思ったとおり、答えていいのよ。』
などと言われると余計にね。
『なんか、こう言え!、ってのがあるんだろ、ホントはよぉ。』
などと妙な目つきで考え込んでしまうわけですよ。

で、くるくるくるくる思考はめぐるよ。めぐるよめぐる。
いっつ、めりーごーらうんど、なう!

というループ状態になって、ううう、と固まってしまうわけです。

なので、夏休み交換日記を開始!

ノートを広げ、『なんでもいいから書いてごらーん。』とムスコに言ってみたところ
やはり固まっております。ははは。おもしろいな。これ。

『なんて書くと~?』
『わからーん。』

ふ。やはりね。
それではチチがおきてやぶりの必殺技を伝授してやろう。
『ほんとになんでもいいいのよ。練習なんだから。なんでも思ったこと。
 何書いていいかわからないんだったら、何書いていいかわかんないとか
 めんどくせぇなぁとかおとなはわかってくれないとか
 ガキだと思ってなめてんじゃねぇぞこのやろうとか
 なんでこんなの書かなきゃいけないんだとか
 いつまで続くんだろう、どこまで歩けばたどりつけるんだろうとか
 その答えとは風の中さとか、そんなことでいいわけよ。
 おーらい? あーんど どぅゆーあんだすたーん?』

『・・・・・・かいてみせてよ』

しかたなくその場でムスコと交わしていた会話や、ほんとうにその瞬間おもいついた
ことを脈絡もなく、ムスコと話しながらかいていくと、声を出して読んでいるムスコは
だんだん楽しそうな様子に。

『はーちゃんもかいてみる~!』

よしよし。のってきた。ふふふ。

というわけで親子3人の交換日記が始まりました。
夏休み限定だけどね。

しかし、ムスコよ。
交換日記というのは、本来、親子でするものではなくて、
こうナイスなステディゲァールフレンドとだね。
クラスメイトにばれないようにこそこそしながら
ドキドキワクワクあーはずかしいとかいいつつやるものなのだよ。

と思いつつ、ムスコの顔をながめるチチなのでありました。
[PR]
by totoex | 2008-07-30 19:59 | 育児な日々

小学生の親。

この春からムスコは小学生になった。

あっという間だねぇ、かあさん、おどろいちゃうね。

という歌詞の言葉がすっかりハマる歳になるとは
これまたおどろきでござるが。

先日、ヨメが小学校の授業参観に行ったときのこと。
授業参観の後に親と担任のミーティングが設けられていた。

そこで、あるおかあさんが

『コドモが、授業がおもしろくないって言っていたんですが、
 今日、授業を拝見して、納得しました。』

とバクダン発言。

すごい。
いや、そりゃ、いろんな見方や意見があると思うので
それはいんだけど、
わざわざこれをみんなの前でいわなければならないのか。

あとで先生にだけ、
『もうちょっとこんなふうにしていただけたら、タクのイマイチなコドモでもなんとか
 授業に興味もてると思うんですぅ。よろしこ。』

とでも言っとけばじゅうぶんなのではなかろうか。
パブリックな場でぶちあげるメリットとはいかようなものなのか。
うーん。

幼稚園だと、かわいいかわいいですんでたんだけど
小学校に入るとそうも言ってられないのか。んんん。
[PR]
by totoex | 2008-07-02 16:02 | 育児な日々