『おとうさんといっしょ。』では書けないことをいろいろと。


by totoex
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2011年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

メディアの品格

Yahooニュースのトップに
お天気キャスターとプロ野球選手の不倫と
警察官と記者の不倫の記事が並んでいた。

それってニュースになるのかしらん。

警察官と記者ってのはなんとなく、情報漏えいとかいう
側面があるからニュースっぽいかも。
でも不倫かどうかは関係ないよな。

世間の人はそんなに不倫に興味があるのか?
別にどうでもいいと思うのは少数派?

メディアとしての品格ってあると思う。
むかしだったらタブロイドと一般紙ってうまいこと
それを意識して別れてたんだろう。

ニュースサイトも少しそういうのを意識するといいかもしれない。
下世話なニュースはトップからはずしていいよ。
[PR]
by totoex | 2011-02-09 09:45 | ぼやき

正直なところ。

iPhone4いいなぁ、と思っている今日このごろ。

でもねぇ。
最初に見たiPhone4のオーナーが・・・。

久しぶりの幼馴染の集まり。
そこでひとりのオトコの手にはiPhone4。
写真をとったり、見せたり。
なんだかガジェット自慢が始まった。

いんだけどね・・・。

Appleユーザってそういうところ、あるじゃないですか。
私の思い込みですかね。
だったらすいませんね。

わかったよ、そのよさげなガジェットの素晴らしさは。
でもせっかく久しぶりに会えたんだし、俺はお前自身の話を聞きたいよ。
あの頃のくだらなくてバカだった自分たちの話で笑いたいんだ。

もしiPhoneにしたら、あんな風になっちゃうのかな。
自分がしっかりしてたら大丈夫かな。

・・・臆病すぎますかね。
それとも考えすぎ?
[PR]
by totoex | 2011-02-08 09:25 | 欲垢の日々

Media Skinの最後

現在使用している携帯電話は吉岡徳仁さんのMediaSkin
こじゃれてて、使っていると結構いろんな人に『えーそれどこの?』などと聞かれることも多い。

先日、家にauからの案内が来た。
来年7月にほとんど使えない状態になっちゃうから、X-Rayかライトプールに替えませんか?
一万円あげますよ、という内容。

いやね、いんですけどね。いろんな事情もあるだろうから使えなくなるのはね。
でもなんだかいきなりカネの話かよ、と。
まずすいませんというお詫びからのほうが、いいような気がする。
お詫びの文章と、切り替えのためのいろんな方策を提示させていただきますので
よろしく、というものだけを先に送って、それから次でしょ。カネの話は。

品がないなぁ。なんだか。
世の中みんなこんなですかね。ホント。

しかもauさん、たしかこれからはスマートフォンだって言ってたよね。
これからはアンドロイドだって言ってたよね。
Android au なんでしょ。
そうわめいている人がね、X-Rayかライトプールって。
おかしいでしょ。人格分裂してるでしょ。

auとしてはやっぱりスマートフォンをお勧めしますと。
でもデザイン重視の方にはiidaをお勧めしますと。
もちろんiidaでもスマートフォン出しますのでよろしくと。
で、ご迷惑おかけしてますので、こうゆうオプションでお願いしますと。

こうでしょう、ふつうは。違いますかね、auさん。

手前の都合で機種使えなくなるのにかこつけて
売れてない機種すすめるってどうなんでしょうね。
在庫一掃で、ナイス作戦とそういうやり方ですかね。

顧客流出とまらないですよ、そんなんじゃ。
しっかりしましょう。がんばれau。
[PR]
by totoex | 2011-02-08 09:04 | 欲垢の日々

世の中には

『それは言わない約束でしょ?』ということがある。
そりゃ本当はそうなんだろうけど、そうじゃないことにしておいたほうがなんとなくいいからみんなでそう思っておこうよ。
というようなこと。
オトナになるってそういうあうんの呼吸をつかむことでもあると思うんだけど。
なんだかテレビの人たちはまるで今までそんなことを考えもしなかったみたいに驚いて見せて、関係者を糾弾してみせる。
それはまるで自分を守るためには他のだれかをスケープゴートにしなきゃいけないようないじめの構図にそっくりだ。
ひとりくらい、『え。そういうもんでしょ。みなさんそんなカマトトぶっちゃって。でもとりあえずはないことにしときましょうよ。それでいいじゃないですか。』というオトナの意見を言ってくれてもいいんじゃないかなと思う。
川口ひろしはカメラの後について洞窟に入ってた。
今、そのことを発表したら、善良な国民をだましていたとして彼はきっとメディアに糾弾されるんだろう。
[PR]
by totoex | 2011-02-07 17:56 | ぼやき

子供のゲームについて

先日ご近所さんとの会話の中で子供のコンシューマゲームに関するものが
話題となったので、それについて。

現在、ムスコは小学3年生。
ウチにはWiiとPSPがあるが、Wiiはカラオケ専用機、
PSPはミュージックプレーヤーとしての利用で、ゲームはさっぱり起動されない。

ムスコが幼稚園時代に一度Wiiスポーツをやっていたが
ムスコがそればかりになってしまい、ヨメがブチギレ。
禁忌のゲーム機と化し、それ以来、ゲーム機としての役割を失った。

ちなみにDSは里帰りしたときに姉が脳トレとやらをやっていて
『アンタもやってみたら?』とすすめられやってみたが、
正解を答えているのに反応せず時間ぎれとされ
九州弁で『あっとろーが!お前が分からんだけで勝手にまちがいやらせんどけや!』と
叫びつつ壁に投げつけ粉砕。姉に弁償する事態となったため、
その後購入されることはなかった。

世間的にはコドモたちはDSにはまっているらしいが
幸いムスコの友人たちは、持っていないのか、持っていても持ち出さないのか、外で所持している場面に遭遇しない。

2年生のコたちはもうやりまくりらしいので、これはもう奇跡的な状況といえる。

自分たちが子供だったころはどうだったか。

1979年。エポック社製のテレビブロックというゲーム機が友人宅に導入された。
赤い筐体の両サイドにピンボール用のでかいボタンがついたやつ。
今でも淡い記憶が残る。

その友人宅はたまり場となってしまい
そこでみんなピンボールのスコアを競った。
私は35万点を叩きだし同級生からの感歎をあびたものだった。

その後ファミコン→スーパーファミコンという時代の流れの中で
小中学生時代を過ごすことになる。
ファミコンはかなり初期に我が家へとやってきた。

東京へ出張に行った父が秋葉原で店員に『これからはコレが来る!!』とすすめられたとかで購入してきたその筐体には
ピンボール用のボタンもなく、怪しげなカセットをさすようになっていた。
筐体もなんだか貧乏くさい。なんでこんなものをつかまされたのか、ウチの父は。
がっくり脱力した私。
しかし画面に映し出されたその画像はそれまでのゲーム機を圧倒するものだった。

しばしはまって遊んでいたが、そこでハタと気づいてしまった。
ファミリーテニスやベースボールで誰かと対戦しているのは
楽しいが、ドンキーコングやポパイを一人でやっているのは
なんだかとても空しく、さびしい。
もうひとりの自分が、真っ暗な部屋でブラウン管の明かりに照らされた
うつろな顔の自分を見て、これはなんだかイヤだと叫んでいたのだ。

以来、周りはマリオだなんだと騒いでいても
対戦ゲームでだれかと遊ぶ以外のことにはさっぱり興味がなくなってしまった。
結局人が好きなのかもしれない。

高校、大学とすすんで、ドラクエだエフエフだといわれても
『もっと楽しいことがいっぱいあるのに、時間がもったいないのでは。』
というのが正直な感想。音楽でも映画でも小説でも漫画でも女の子でもいいのに。
ゲームよりずっと面白いのに。そう思っていた。

ゲームにはまってしまうことも分かるし、魅力がないともいわない。
特に今のゲームは画像もシステムも桁ちがいにレベルアップしてるし
ネットワークで人とのつながりもあるし。
でもやっぱりコドモたちにはそれより楽しいものが世の中にはいっぱいあることもしってほしい。
その中から自分の時間を割くものとしてゲームを選ぶというのはアリだとも思うし。
てっとり早くて、手軽なのはいいと思うけど、本当のテニスやスノーボードは
ゲームよりもっと楽しい。冒険は近所の神社や町の中にだっていくらでもある。
実際にふれあう人たちは、ゲームの人物やネットワークごしの人より
複雑でリアルだよ。

外食に行ったときに、子供はDS、親は携帯に夢中。
家族で、おいしいとか何を食べようとか
友達や遊びの話もしていない。
そんな光景をよく見かける。

DSを子供の相手にさせている親たちにも同じように伝えたい。
今しかないよ。子供と向き合っていられる時間は。
きっとすぐに僕らの手から飛び出して自分たちの世界を作りはじめてしまう。
それはうれしいことだけど、少しだけさびしい。
だから今だけは、きちんと向き合って彼らの世界を共有したいって思う。

ヘイ、ブラザー!子育てはめっちゃエキサイティングだぜ!!
[PR]
by totoex | 2011-02-07 11:04 | 育児な日々